第1種ボイラー・タービン主任技術者【高知県高知市】の求人・募集

更新523

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 設備管理・設備保全>
  3. 第1種ボイラー・タービン主任技術者【高知県高知市】

バイオマス発電事業をメインとしている再生可能エネルギー会社

第1種ボイラー・タービン主任技術者【高知県高知市】

お問い合わせ番号 156023
勤務地 高知県高知市
仕事内容 ■ボイラー・タービン主任技術者としてバイオマス発電所の主任技術者業務をご経験に応じてお任せ致します。

【具体的には】
■ボイラー・タービン主任技術者として発電設備の運転・メンテナンス体制の構築と実施
■バイオマス発電所の設計・企画・開発
■バイオマス発電所の施工監理・監督
■電力会社との電力協議、及び申請業務
■東京本社への報告レポート
■勤務形態:3シフト制((1)8:00~16:00、(2)16:00~24:00、(3)24:00~8:00)
※借上社宅があり、個人が3割程度負担されます。
必要な資格・経験 【必須要件】
■下記いずれかの資格をお持ちの方
・第1種ボイラー・タービン主任技術者

【歓迎要件】
■機械設備の保全経験お持ちの方
年収 400万円~600万円 (経験能力考慮の上優遇)
雇用・勤務の
条件など
<雇用形態>
正社員

<勤務体制>
シフト制((1)8:00~16:00、(2)16:00~24:00、(3)24:00~8:00)

<出張>
なし

<転勤>
都合によりあり

<休日>
年間休日数104日/シフト制、有給休暇

<定年・再雇用>
定年65歳
企業情報 <企業について>
■同社は、新電力の事業会社の子会社です。親会社は特定規模電気事業者として3番目に登録し、現在は東証一部の電気・ガス部門に、発電から販売までを手がける企業として上場しています。
■2013年高知市に同社第一号となるバイオマス発電所に続き、第二号となるバイオマス発電所を大分県佐伯市にて立ち上がありました。バイオマス発電の発電事業者として国内最大となりました。
■PKSというパーム椰子の種からパーム油を搾油した後の椰子殻を燃料として発電するバイオマス発電は、二酸化炭素排出係数を低減できるクリーンなエネルギーとして注目されており、安定した発電方式でもあります。
■今後も大船渡・豊前といった大型のバイオマス発電の計画が控えており、バイオマスを中心として非化石電源の開発を積極的に推し進め、お客さまへの電力の安定供給と環境への貢献に取り組む予定です。

「希望に合う求人を他にも見てみたい」「条件に合う求人が見つからない」という方はご相談ください。非公開求人から、ご希望に合う求人をすぐにご紹介します。

求人の希望を相談する(無料)

この求人に似ているオススメ求人を探す

関連求人を探す

仕事内容

建設・設備求人データベース TOPへ戻る