監理技術者(機械器具設置)【北海道】の求人・募集

更新1017

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 監理技術者>
  3. 監理技術者(機械器具設置)>
  4. 監理技術者(機械器具設置)【北海道】

株式会社タクマ

監理技術者(機械器具設置)【北海道】

お問い合わせ番号 165124
勤務地 北海道札幌市
仕事内容 【職務内容】
■ごみ処理施設、エネルギープラント、産業廃棄物処理施設、水処理プラント、等の環境プラントにおける新設、および基幹改良工事・改造工事のうち、プラント工事に関する現場管理業務、工事計画、見積り業務等をご担当頂きます。

【具体的には】
■新設・改修案件における工事施工管理業務を担当いただきます。
■設計は別の部隊が担当しますので、現場管理に集中していただけます。
■案件金額:数百億円
■案件期間:数週間~1年以上(現場による)
■出張:場合により有(北海道内の案件をメインにご担当頂きます)
必要な資格・経験 【必須要件】
■監理技術者(機械器具設置)のご資格をお持ちの方

【歓迎要件】
■下記いずれかの資格をお持ちの方
・1級土木施工管理技士
・1級管工事施工管理技士 
・1級電気工事施工管理技士
年収 550万円~900万円 (経験能力考慮の上優遇)
雇用・勤務の
条件など
<雇用形態>
正社員

<勤務体制>
8:30~17:00

<出張>
有り

<転勤>
有り

<休日>
年間128日/(内訳)土日祝・祝日。完全週休二日制、夏季休暇、年末年始休暇等、年次有給休暇、慶弔休暇、半日年給制、計画年休制度<br>
企業情報 <企業について>
【一般廃棄物処理施設プラント、木質バイオマス発電プラントの国内納入実績トップの東証一部上場企業です。】
■創業者である田熊常吉が日本初のボイラである「タクマ式汽罐」を開発し、万国工業会議では世界最高評価を受けました。性能が高く評価され1930年には田熊常吉は十大発明家にも選ばれています。その後、独学で学んできた燃焼技術を生かし、現在も環境事業を中心に発展を遂げている老舗のボイラーメーカーです。1963年に国内初のごみ処理プラントを完成させた後、着実に実績を残しており、一般廃棄物処理施設プラント、木質バイオマス発電プラントに関して国内納入実績トップとなっています。また国内最大規模のごみ焼却プラントも同社が手がけています。(処理能力1,800t/日)

【離職率3.8%という働きやすい社風が魅力です。】
■800名規模の会社で顔見知りが多く、アットホームな社風、風土が魅力の会社です。組織として、新卒・中途採用問わず、入社後に長く働ける環境を目指して風土作りを行っており、事実、離職率は3.8%と非常に低い数値となっております。また社外での交流も多く、野球・サッカー・バスケットボール・スキーといった運動系のクラブから茶道や軽音楽等の文化系のクラブまで約15のクラブがあり、仕事の後や休日に集まって活動をしています。実際に「社風が入社の決め手」という方も少なくありません。

【持続的成長の実現をテーマに、2020年度に経常利益100億円を目指し、先を読んだ経営戦略を実行しています。】
■日本国内での事業基盤を確立した現在、新たなビジネスチャンスを求めて海外市場の開拓に取り組み、2005年には欧州市場において日本のメーカーで初めて焼却発電プラントを受注しています。今後も伸張が期待されている環境プラント業界において、パイオニア的存在として、国内外問わず活躍を期待されています。

「希望に合う求人を他にも見てみたい」「条件に合う求人が見つからない」という方はご相談ください。非公開求人から、ご希望に合う求人をすぐにご紹介します。

求人の希望を相談する(無料)

この求人に似ているオススメ求人を探す

同じ企業の求人を探す

関連求人を探す

仕事内容

建設・設備求人データベース TOPへ戻る