レミコンとは

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. レミコン

レミコン

レミコンとは、セメント骨材などを練り混ぜた段階の、打設前のコンクリートである「レディーミクストコンクリート」の略称。生コンクリート生コンともいわれる。

レミコンは、建設現場で最も使用頻度の高いコンクリートである。材料は、セメント、水、骨材(砂利や砂など)、混和材である。これらの配合は、コンクリートを流し込む環境や規模によって変えられ、工場であらかじめ練り混ぜられる。練り混ぜられた材料は、放置すると分離してしまうため、運搬時は常に攪拌し続ける必要がある。そのため、運搬の際は攪拌機能がついたアジテータートラックが用いられる。

レミコンには、型に流し込む過程で型の隅々までいきわたる柔らかさ(流動性)と、固めた後の強度が同時に求められる。良質のレミコンかどうかは、「強度・スランプ・空気量・塩化物含有量」の4つの指標によって測定される。

・強度
試験用に少量のレミコンを固め、できたコンクリートに上下から圧力をかける。どこまで圧力をかけるとひび割れが起きるかを測定する。

・スランプ(コンクリートの流動性を示す値)
スランプコーンといわれるカップにレミコンを詰めて行う「スランプ試験」によって判断する。逆さまにしてコップを引き抜いた際に、レミコンの高さがどれだけ下がるかを計測し、その差が15cm~18cmほどであれば、流動性の高い良質なレミコンである。
スランプ値がそれよりも大きいと凝固後の強度が低い危険性があり、スランプ値が低ければ流動性に問題があると判断される。

・空気量
レミコンに含まれる気泡量を計測する。全体の3~6%程度が基準値とされ、それよりも多い場合は圧縮強度が低下してしまう。

・塩化物含有量
レミコンに含まれる塩分量。塩分量が多いと、コンクリートと鉄筋を合わせた時に鉄筋の錆を誘発させてしまう。骨材に海の砂を使っている場合、塩化物含有量が基準値を超えることがある。原則として、1立方メートルにつき0.3kgよりも多い塩分を含んでいるレミコンは出荷できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる