建設業界では若手技術者の採用ニーズが年々高まっています。
経験の浅い若手であっても、以下の事例のように、幅広い選択肢があります。

中堅ゼネコンでの設計経験3年26歳男性が、大手重電メーカーの発電プラント建屋設計職へ転職
中小建設会社での施工管理経験1年半25歳男性が、複数の準大手ゼネコンから内定獲得

「経験が1年しかない」「資格がない」…そんな方でも、今なら大手企業への転職が可能です。

若手の採用ニーズが高い理由

建設業界ではバブル崩壊後、新卒採用を控えた企業が多いため、30代の社員が少ないという構造的な問題を抱えています。
現在各社では、即戦力を期待できる30代の技術者の中途採用に力を入れていますが、そもそも建設業界にはその年代が少ないのが実情です。

そのため、大手ゼネコンや不動産デベロッパー、東証一部上場メーカーなど、幅広い優良企業が、さらに若い技術者を採用し、自社内で育成しようと考えるようになっているのです。
震災復興や国土強靭化計画、オリンピック需要などがこの動きを加速させています。

・安定した会社で働きたい
・大きな案件に携わりたい
・海外で働きたい
・年収を上げたい

このようなご希望をお持ちの方は、無料転職支援にお気軽にご相談ください
希望に合う求人をすぐにご紹介いたします。

「現職が忙しすぎて転職活動をする時間がない」という方も、建設・設備求人データベースが企業への連絡代行や職務経歴書の作成をサポートしますのでご安心ください。