公共の浄水処理場、下水処理場、ポンプ場など、生活に欠かすことのできない水インフラ。
現在、水処理マーケットは拡大傾向にあり、業界未経験でも応募可能な求人が出てきています。
水処理業界に転職することで、資格・知識を活かしながら、「長く落ち着いて」「好待遇で」働くことができます。

対象:次のような資格・知識をお持ちの方

<安定><好待遇>で働ける水処理業界とは?

水処理業界とは、公共の浄水処理場、下水処理場、ポンプ場といった、水処理施設の設計・建設・運営・管理を担うマーケットです。

水は社会の根幹をなす重要なインフラですので、将来にわたって仕事がなくなることのない安定した業界といえます。更に、水道事業の民営化が広まっており、水ビジネスと呼ばれる分野に大きな注目が集まっています。
また、水処理関連企業には国内有数の大手メーカーやその系列会社が多いため、一般的な企業に比べて就労環境が整っているケースが多いのも特徴です。残業が少なかったり、残業代が全額支給されたりするほか、福利厚生面でも恵まれています。

水処理業界で求人が増えている理由

国内の公共の浄水処理場、下水処理場、ポンプ場は高度経済成長期に整備されたものが多く、現在、一斉に改修の時期を迎えています。
改修工事の案件が全国で急増するなか、水処理業界各社は、改修工事の受注にとどまらず、改修後の運営・管理までも含めた一括受注を目指しており、運転監視・維持管理を担当する人材確保に乗り出しているのです。

以下では求人の一部ご紹介します。
「自分が応募できるか知りたい」「水処理業界について話を聞きたい」という方は、お気軽に無料転職支援サービスへご相談ください

▼関連求人
水処理の求人