建設業界の人手不足が続いています。
建設各社は採用を積極化しているものの、企業間での採用競争が激化しており、採用目標人数を満たせている企業は少ないのが現状です。

そのため、募集要件を緩和したり、待遇を見直したりすることで人材を確保しようとする企業が引き続き出ています。

例えば全国展開するゼネコンのなかには、転勤エリアを周辺地域に限定した地域限定職を正社員で採用しているところもあります。
ゼネコンの総合職はこれまで、全国転勤があることが前提でした。
しかし、エリア限定職であれば、勤務地や担当工事エリアを固定して働くことが可能です。

企業によっては大きな案件に携わりにくかったり、正社員でなかったりするケースもありますが、採用ニーズが高まっている今なら転職後も年収を維持できる可能性が高いです。

建設業界の担当者があなたのご希望条件にあう求人をお探ししますので、ぜひお気軽にご相談ください。