村田製作所、太陽光発電向け1kWミニインバータを新開発

更新119

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 村田製作所、太陽光発電向け1kWミニインバータを新開発

村田製作所、太陽光発電向け1kWミニインバータを新開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月23日 19:00

太陽光発電への新提案
村田製作所は、6月22日、太陽光発電向けに1kW出力のミニインバータを開発したことを発表した。

一般的な太陽光発電ストリングインバータは、ストリング設計や配線工事が複雑なうえ、発電量の減少や発電停止などの課題があった。一方、米国で普及しつつあるマイクロインバータは、これらの課題を解決するものの、コストが高い、変換効率が低いなどの課題が挙げられていた。

新開発品の特長
今回開発したミニインバータは、ストリングインバータとマイクロインバータの利点を融合。

具体的には、独自の高効率マルチレベル回路技術採用したコンパクト設計と密閉構造により、省スペースを実現した。

また、小型ながら出力1kWを確保。マイクロインバータと比べて高い電力変換効率を有し、影や向きの影響による発電低下を回避するうえ、パネル故障の影響も低減する。

さらに、監視機能の充実と容易な施工、コスト削減を可能にするとともに、太陽光パネルと同レベルの20年という長寿命がメリットだ。

来年度中に量産を開始
今回新開発したミニインバータの量産開始時期については、2017年度中を目指すとしている。

なお、この新開発品は、6月29日~7月1日にパシフィコ横浜で開催される「PV Japan2016」に出展される予定だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

村田製作所 プレスリリース
http://www.murata.com/ja-jp/about/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る