野村不動産HD、電力小売全面自由化に向け新会社を設立

更新121

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. 野村不動産HD、電力小売全面自由化に向け新会社を設立

野村不動産HD、電力小売全面自由化に向け新会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月04日 20:00

マンション向け電力調達会社を新設
野村不動産ホールディングスは4月1日、電力小売全面自由化に向け、電力調達新会社「NFパワーサービス」を設立したと発表した。

ファミリーネット・ジャパンとの共同出資によるもので、2月23日に資源エネルギー庁から小売電気事業者の登録を受けた。小売電気事業者登録はデベロッパー系会社としては初となる。

マンション向け高圧一括受電サービスを提供
野村不動産ホールディングスは2012年から、マンション高圧一括受電サービスとICTを融合した「enecoQ(エネコック)」サービスをファミリーネット・ジャパンと共同開発し、野村不動産が販売する分譲マンションに提供してきた。

2014年には野村不動産パートナーズとファミリーネット・ジャパンの業務提携によるサポート体制のもと、既築マンション向け高圧一括受電サービスの提供も開始している。

今後はNFパワーサービスが、マンション向け高圧一括受電サービスなどを担当し、高度な需要予測モデルをもとに、効率的な電力調達を行う。

高圧一括受電サービスによって得られるメリットを、管理組合の要望に合わせたオーダーメイド型の料金メニューで分配するのが最大の特徴。入居者の電気代の割引と、管理費収支改善が実現するという。

(画像は、野村不動産ホールディングスのホームページより)


▼外部リンク

野村不動産ホールディングス株式会社のプレスリリース
http://www.nomura-re-hd.co.jp/cfiles/news/n2016040101044.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る