佐賀県鳥栖市にて物流施設「ロジスクエア鳥栖」の開発に着手、シーアールイー

更新122

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. 佐賀県鳥栖市にて物流施設「ロジスクエア鳥栖」の開発に着手、シーアールイー

佐賀県鳥栖市にて物流施設「ロジスクエア鳥栖」の開発に着手、シーアールイー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月28日 08:00

佐賀県鳥栖市に物流施設を建設
株式会社シーアールイーは3月25日、佐賀県鳥栖市にて物流施設「ロジスクエア鳥栖」の開発に着手したと発表した。

鳥栖エリアは各自動車道の結節点にあるため、九州全域をカバーできる広域物流拠点の適地となっている。「ロジスクエア鳥栖」は長崎自動車道「鳥栖」ICより近い立地となっている。

またJR貨物の鳥栖貨物ターミナル駅も近くにあることから、鉄道貨物輸送によるモーダルシフトへの取り組みに対して、立地的なメリットが高い。

時間的なロスを減らすことが可能
「ロジスクエア鳥栖」は約15,700平方メートルの敷地に地上2階建て、計画延べ面積約17,500平方メートルの物流施設として開発する予定だ。で、2017年3月に建設工事に着手し、2017年12月の竣工を予定している。

施設はワンフロアが約2,500坪となっており、倉庫部分の基本スペックとしては床荷重が1.5t/平方メートル、有効高さは1階・2階共に6.0m以上を確保、保管効率を向上させることが可能だ。

なお階層を2階建てにすることによって、取り扱う製商品の上下搬送に起因した時間的なロスを減らすことができ、スピーディーな入出荷オペレーションの実現を可能とする。

また施設の従業員はほとんどがマイカー通勤をすると考えられるため、敷地内には大型以外にも普通乗用車用駐車場を多く配した平面計画を採用している。

開発プロジェクト概要
施設名称 : ロジスクエア鳥栖
所在地 : 佐賀県鳥栖市曽根崎町
用途地域 : 準工業地域
主要用途 : 倉庫(倉庫業を営む倉庫)
建物構造 : 構造未定 地上2階建て
(プレスリリースより引用)


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社シーアールイー
http://www.cre-jpn.com/company/

プレスリリース(PRTIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000012732

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る