古河電工、国内最大級のメガソーラー発電所向け「アルミ地中送電ケーブル」を受注

更新116

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 古河電工、国内最大級のメガソーラー発電所向け「アルミ地中送電ケーブル」を受注

古河電工、国内最大級のメガソーラー発電所向け「アルミ地中送電ケーブル」を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年02月23日 18:00

アルミ製を新開発
古河電気工業は、2月18日、国内最大級の太陽光発電所向け「アルミ地中送電ケーブル」を受注したことを発表した。

地中送電ケーブルは、自然災害による影響が少ないため、安全で確実な送電ができるのがメリット。しかし、従来のケーブルには、「銅」が採用されていたことから、価格変動リスク、将来の資源枯渇リスク等が課題として挙げられていた。

国内初の採用として
同社は、国内初の採用実績となる、22kV級アルミ導体架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(以下、アルミ導体CVケーブル)及び接続用品を開発。

これらは、東洋エンジニアリング、山九プラントテクノによって施工予定の「パシフィコ・エナジー美作武蔵メガソーラー発電所」(出力規模30.24MW)に納入される予定だ。

なお、アルミニウムを電気伝導体に採用することで、軽量化を実現したことで、送電工事の省力化にも貢献。また、銅と比較し、製造コスト及び価格変動リスクの低減につなげることもできたという。

目標は売上高、5億円超
同社は、2018年度までにアルミ導体CVケーブル及び接続用品の売上高、5億円超を目指す。

また、22kV級にとどまらず、低圧から超高圧まで幅広い製品群の製造、販売、技術支援サービスに積極的に取り組み、再生可能エネルギー事業を推進していく方針だ。


▼外部リンク

古河電気工業 ニュースリリース
http://www.furukawa.co.jp/what/2016/ene_160218.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る