エネルギー自家消費型住宅の実証実験を開始

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. エネルギー自家消費型住宅の実証実験を開始

エネルギー自家消費型住宅の実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月28日 01:00

ミサワホームグループと京セラで共同実証
ミサワホームグループと京セラ株式会社は、奈良県内に建設したモデル住宅において、電力会社やガス会社などからエネルギーを買わずに、自家発電した再生可能エネルギーを優先的に使用する「エネルギー自家消費型住宅」の実証実験を、10月より共同で実施する。

これは、ミサワホームが提唱する防災及び減災ソリューション「MISAWA-LCP」の一環として実施するもので、自家発電エネルギーのみの生活継続が可能かを検証し、災害時も安心して暮らせる住宅の実現性を検証する。

エネルギー自家消費型住宅の特長
モデル住宅は、ミサワホームが標準化した高性能断熱材仕様に樹脂サッシを採用。これにより建物の断熱性を高める。

さらに窓の開閉やシーリングファンとエアコンのオンオフを自動制御し、排熱と涼風の取り込みを行う涼風制御システムや、室内の風通しを良くする南北通風設計、西日を遮る日よけスクリーンなどの工夫で省エネ化を図る。

自家発電には、京セラ製の太陽光発電システムと蓄電システムを搭載し、エネルギーを効率的に利用する。特に新製品の「マルチ DCリンクタイプ」蓄電システムは、太陽電池で発電した電力をためる際にこれまで必要だった直流から交流への変換を、なくすことで電力のロスを抑え、充電効率を従来品に比べて約6パーセント高めた。

さらに、停電時には自動で自立出力に切り替わり、太陽光発電システムから蓄電システムに最大3kWの充電を行いつつ、自立出力を最大3kW使用できる。

ミサワホームグループ及び京セラは、今回の実証データを基に、災害時にも自宅生活を継続するための住まい方や仕様を提案していく予定だ。

また、太陽光発電に関しては、発電コストが既存の系統電力の電力価格と同等になるグリッドパリティの達成が間近と言われているため、来年以降、平常時にもできるだけエネルギーを買わない住宅についての実証実験を進める。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ミサワホーム株式会社 プレスリリース
http://www.misawa.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る