都市部をクリーンな空気に 「大気浄化壁面緑化システム」を販売開始

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. 都市部をクリーンな空気に 「大気浄化壁面緑化システム」を販売開始

都市部をクリーンな空気に 「大気浄化壁面緑化システム」を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月07日 07:45

汚染物質の低減に貢献
大和ハウス工業と大和リースは、8月6日、「大気浄化壁面緑化システム」の販売を開始した。

環境省は、「環境基本法」で、大気汚染に係る環境基準を設定している。しかし、2010年度の調査の際、自動車からの排気ガス等の理由により、都市部では基準値を達成できていないことが判明。両社は汚染された空気を浄化するべく、システム開発に乗り出したという。

システムの概要
「大気浄化壁面緑化システム」は、大気中の二酸化窒素約90%、PM2.5を約65%削減することができるうえ、必要敷地面積の省スペース化を実現したシステムだ。

具体的には、汚染された空気をファンで吸い込み、通気させることで、汚染物質を土壌層に吸着。植物や土壌の微生物により、二酸化窒素やPM2.5などを分解・浄化するだけでなく、土壌微生物が分解を続けることで、汚染物質を半永久的に浄化する。

また、水平設置型の土壌層を利用した浄化システムと比べ、必要建築面積は約5分の1。都市部などの狭小地でも設置可能だという。

排気ガスが発生する場所に
今後、両社はこのシステムを、幹線道路沿いの立体駐車場や物流施設、工場、商業施設、オフィスビルなどに提案していく方針だ。

なお、本体工事価格は、1平方メートル当たり20万円(税抜き)から。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

大和ハウス工業 ニュースリリース
http://www.daiwahouse.co.jp/release/

大和リース ホームページ
http://www.daiwalease.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る