大和リース、ため池を利用した1MWの太陽光発電施設が完成

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 大和リース、ため池を利用した1MWの太陽光発電施設が完成

大和リース、ため池を利用した1MWの太陽光発電施設が完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月12日 10:45

水面を活用したメガソーラー営業運転を開始
大和ハウスグループの大和リースは8月10日、大阪府岸和田市のため池を利用したメガソーラー「DREAM Solar フロート1号@神於山」を竣工し、関西電力への売電を開始した。

2014年10月に大阪府、岸和田市、ため池の施設・財産管理者の岸和田市神於山土地改良区、大和リースの4者で連携協定を締結した事業で、2015年4月から着工していたもの。開発事業費は約5億円。

売電の年間売上高は約3,776万円
傍示池の水面一面に約4,000枚の太陽光パネルが敷き詰められており、総出力は約1,044キロワット。年間予想発電量は約328世帯分の年間消費電力量に相当する約118万520キロワット時で、年間売電売上高は約3,776万円の見込み。

今後20年間にわたって発電事業を行い、売電収入の一部は大阪府と岸和田市に寄付される。寄付金は地域の環境整備、エネルギーの有効活用、農業関連の施策推進に利用される予定だ。

大和ハウスグループの再生可能エネルギー関連施設は8月10日現在で国内で30か所になり、総出力約28.15メガワットにのぼる。今後も再生可能エネルギーの有効活用に注力し、2018年度までに計200メガワットの再生可能エネルギーによる発電事業に取り組む方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

大和リース株式会社のニュースリリース
http://www.daiwalease.co.jp/press/20150811.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る