ミャンマーにて即席麺製造工場水処理施設建設工事を受注、クボタ

更新120

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. ミャンマーにて即席麺製造工場水処理施設建設工事を受注、クボタ

ミャンマーにて即席麺製造工場水処理施設建設工事を受注、クボタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月30日 01:00

ミャンマーで即席麺製造工場水処理施設を建設
株式会社クボタは7月28日、ミャンマー連邦共和国のティラワ経済特区ゾーンA地区にて、即席麺製造工場水処理施設建設工事を受注したと発表した。

クボタは安心で安全な水の供給と、排水の適正処理を提供している企業だ。ミャンマーでは現地の用水・排水処理施設の点検やメンテナンス活動を通じて、エースコックミャンマー社の安定操業を支援できるということが評価された。

最新鋭の生産設備を導入
この工場はエースコック株式会社の現地法人であるACECOOK MYANMAR COMPANY LIMITEDから受注したものである。

現在ミャンマーは経済成長に伴い、加工食品の需要増加が予測されている。これまでエースコックミャンマー社は、ミャンマーの伝統的な麺食文化を踏まえて、即席麺の販売を展開してきている。

今回さらにミャンマーでの事業を推進していくために、現地生産を開始することが決定した。新工場には最新鋭となる生産設備を導入することが計画されているため、現地で好まれる味の即席麺を提供するのはもちろんのこと、高品質なジャパンクォリティーの製品供給体制を構築していく。

ミャンマーは今後もさらに経済成長と、外資系企業の進出が予想される。クボタは水処理エンジニアリングの技術と、維持管理支援サービスを通じて工業団地のインフラ建設や、入居企業向けの水処理設備を提供する。

受注案件概要
契約先:ACECOOK MYANMAR COMPANY LIMITED
請負範囲:即席麺製造工場向け用水・排水処理施設建設工事
納入場所:ミャンマー連邦共和国 ティラワ経済特区ゾーンA地区 B20区画
稼働開始:2017年4月(予定)
(ニュースリリースより引用)



▼外部リンク

株式会社クボタ ニュースリリース
http://www.kubota.co.jp/new/2015/15-41j.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る