電力を32パーセントも節約できる新マンション

更新120

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. 電力を32パーセントも節約できる新マンション

電力を32パーセントも節約できる新マンション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月17日 19:00

スマートマンションと全量売電のダブル認定
株式会社グランイーグルは、東京都大田区西六郷4丁目 シャープ物流センター跡地に15階建て、総戸数115戸の「グランイーグル多摩川スカイフロント」を建設。経済産業省及び資源エネルギー庁のダブル認定も受け、環境に優しいマンションとして9月下旬から販売予定だ。

電力一括購入と可視化で、約17パーセント削減
同マンションは、オリックス電力が提供する「電力一括購入システム」を導入。

マンション内のエネルギーマネジメントを行うMEMSを採用。スマートメーター及びブラウザ付インターホンを標準装備し、マンションの電気使用量を可視化したことが特徴で、居住者の節電への意識を高めるという。

「太陽光全量売電サービス」を導入で約15パーセント削減
太陽光パネルで作った電気をオリックス電力が電力会社へ「全量売電」。また、資源エネルギー庁が認定する再生可能エネルギー20年間の固定価格全量買い取り制度も利用。

シミュレーションでは、想定年間発電量は、49,639kWhで、買い取り単価は、34.56円/kWhの見込みだが、気象条件、設置条件などにより実際の発電量と異なる場合もあるという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社グランイーグル プレスリリース
http://www.grand-eagle.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る