リコーテクノロジーセンター内に研究開発棟を新設、リコー

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. リコーテクノロジーセンター内に研究開発棟を新設、リコー

リコーテクノロジーセンター内に研究開発棟を新設、リコー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月04日 02:00

研究開発棟の新設を発表
株式会社リコーは7月1日にリコーテクノロジーセンター内にて新たに研究開発棟を建設することを発表した。総投資額は約50億円であり2016年1月に着工、2017年1月の完成を目指す。

研究開発の効率向上
2010年8月に新棟を増設したのだが、その際にソフトウエア開発部門やインクジェット技術開発部門などの開発部門も集約することによって、人員も大幅に増員した。

今回新たに建設される研究開発棟では、既存事業領域における最先端技術開発や、将来を担う事業に繋がる独自技術開発部門においての一部を開発拠点に集約することによって、研究開発効率向上や、ものづくりの総合力を高める人材育成を強化していくことが目的だ。

リコーテクノロジーセンターは、リコーの主力開発拠点だ。それまでは東京にある大森事業所や厚木事業所などに分散していた複合機・プリンターの開発部門と、生産技術部門を集約しカラー商品の要素技術開発から設計、生産技術、製品評価までを行なってきた。

(リコーテクノロジーセンター研究開発棟の概要)
所在地:神奈川県海老名市下今泉810番地(既存敷地内に建設)
建物:5階建て
床面積:12,761平方メートル
着工予定時期:2016年1月
稼動予定時期:2017年1月
(ニュースリリースより引用)


(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

株式会社リコー ニュースリリース
http://jp.ricoh.com/release/2015/0701_1.html?_ga=

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る