米国LNG液化基地の業務を受注、千代田インターナショナル社

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 米国LNG液化基地の業務を受注、千代田インターナショナル社

米国LNG液化基地の業務を受注、千代田インターナショナル社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月31日 17:00

LNG液化基地に関する業務を受注
千代田インターナショナル社と米国CB&I社、そして米国Zachry社で設立したジョイントベンチャーが、FLNG Liquefaction 3, LLC社からLNG液化基地についての一連の業務を受注したと発表した。なお千代田インターナショナルは、千代田化工建設株式会社のグループ会社だ。

CB&I社は創業以来エネルギーインフラ建設と、政府向けのサービスを行っている企業だ。安全性を常に追及しており、品質基準で妥協を許さないことで有名だ。

Zachryは全米に35の拠点を持ち、電力やエネルギー、化学品などの各種製造設備分野での設計・建設そして保全サービスなどを手掛けている。

液化設備と輸出設備を建設
今回受注したプロジェクトは、米国テキサス州フリーポート近くにあるカンターナ島のLNG受け入れ設備を転換しLNG液化設備と輸出設備を建設するというものだ。

なお今回は第3系列であるが、第1系列と第2系列については昨年11月にCB&I社とZachry社とのジョイントベンチャーが着工している。

千代田インターナショナル社は、これまでの建設実績を誇るリーディングコントラクターとして、革新的なプラント設計手法やグローバルなプロジェクト遂行体制を駆使している。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

千代田化工建設株式会社 プレスリリース
http://www.chiyoda-corp.com/news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る