窓まわり商品を強化、「箱型ひさしキューブシェード」を新発売

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. 窓まわり商品を強化、「箱型ひさしキューブシェード」を新発売

窓まわり商品を強化、「箱型ひさしキューブシェード」を新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月26日 01:00

「箱型ひさしキューブシェード」
YKK AP株式会社が、「多機能ルーバー」への仕様追加と、新商品として「箱型ひさしキューブシェード」を発売する。これらの商品は、四季を通じて自然と上手に付き合う小エネな暮らしを実現するためにと考えられたものだ。

日々の生活を快適にすることや、夏に節電を実施するためには、窓を設置している位置に合わせて機能や用途別に窓まわり商品を用意し、日射・通風・目隠し対策を施すことが重要だ。

窓を利用して自然のエネルギーを取り入れることにより、エアコンや電気に頼らなくても快適に過ごすことができるようになる。

多機能ルーバーに新機能追加
「多機能ルーバー」にはこれまでのアルミルーバータイプの目隠しや通風機能が付いていたのだが、新たにポリカルーバータイプを追加した。

そのうえ4つの機能(採光、目隠し、日よけ、遮熱)を保有したマルチルーバーに、新仕様を追加した。ルーバーの材質をポリカーボネートにする事により、シーンに応じた提案の幅が広がる。
商品名:多機能ルーバー
対応窓種:引違い窓、片上げ下げ窓
耐風圧強度:1600Pa(3階まで)
ルーバー種類:アルミルーバー、ポリカルーバー
(日経プレスリリースより引用)


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

YKK AP株式会社
http://www.ykkap.co.jp

プレスリリース(日経プレスリリース)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=382906

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る