ロームグループがマレーシアに新棟を建設。ダイオードの生産2倍に

更新119

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. ロームグループがマレーシアに新棟を建設。ダイオードの生産2倍に

ロームグループがマレーシアに新棟を建設。ダイオードの生産2倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月17日 21:00

昨年のタイに続きマレーシアにも新棟建設
ローム株式会社は、ダイオードなどのディスクリート製品の需要拡大を受け、マレーシアの子会社ROHM‐WAKO ELECTRONICS (MALAYSIA) SDN.BHD.(以下、RWEM)に新棟を建設することを2015年3月11日に発表した。

ロームグループは、昨年11月に発表したタイの子会社ROHM Integrated Systems (Thailand) Co., Ltdの新棟建設に続き、マレーシアのRWEMにも新棟を建設し、生産の拡大を加速する方向だ。

今回の新棟建設により、ダイオードの生産能力は約2倍になるという。

省エネ化、万が一のリスクにも対応
新棟は地上3階のRC構造。2015年7月に着工し、竣工は2016年8月を予定している。

なお、新棟はLED照明の使用や、高効率の空調設備の導入など省エネ化にも努め、熱帯雨林気候特有の洪水対策も行い、事業継続マネジメント体制も万全とのこと。

ローム株式会社概要
ローム株式会社は京都市に拠点を置く半導体メーカー。LSIをはじめとして半導体素子、モジュールの生産・販売を行っている。

(画像は株式会社ローム/ニュースより)


▼外部リンク

ローム株式会社 ニュース
http://www.rohm.co.jp/web/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る