フィリピンにて広域給配水監視システム工事を受注、横河ソリューションサービス

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. フィリピンにて広域給配水監視システム工事を受注、横河ソリューションサービス

フィリピンにて広域給配水監視システム工事を受注、横河ソリューションサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月16日 08:00

広域給配水監視システム工事
横河ソリューションサービス株式会社が、株式会社日立製作所と共同企業体を結成した。その共同企業体にてフィリピンの公設の水道事業体である広域給配水監視システム工事を受注したと発表した。なおプロジェクトの工期は、2016年3月末だ。

横河ソリューションサービスが含まれるYOKOGAWAグループでは、日本の上下水道分野での実績とノウハウを活かし、今後は新興国の水ビジネス市場において制御事業の拡大を目指していく。

日立製作所は共同企業体の代表企業として、プロジェクトを推進する。横河ソリューションサービスは、SCADAシステムを製作。漏水管理システムを納入し、流量計などのフィールド機器を水道区域内143カ所に据付ける。

メトロセブ水道区上水供給改善計画の一環
今回工事をすることになった地域は、フィリピンのメトロセブだ。この地域はフィリピン中央部に位置するセブ州の中でも、セブ市を含む7市6町で構成されたフィリピンでは第2都市圏である。

今回受注した広域給配水監視システム工事は、国際協力機構の無償資金協力事業である「メトロセブ水道区上水供給改善計画」の一環で実施されることになった。

監視、制御を行うシステムの一種であるSCADAを導入することが決まっている。このシステムでは、中央監視室で給水状況を常時モニタリングする。

そうすることによって、人口増加や経済拠点としての急激な発展に伴って危機的な状況になっているメトロセブの給水状況の改善を図る。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

横河ソリューションサービス株式会社 ニュースリリース
http://www.yokogawa.co.jp/cp/topics/2015/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る