宮城県、入札制度改正による説明会を開催

更新123

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 宮城県、入札制度改正による説明会を開催

宮城県、入札制度改正による説明会を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月27日 18:00

入札・契約制度改正説明会3月9日~11日
宮城県は3月9日~3月11日の3日間、入札参加希望者を対象とした「建設工事における入札・契約制度改正説明会」を開催する。入札制度の一部改正に伴い、その説明を行うものだ。

制度改正では配置技術者の専任期間の緩和に加え、着手日が指定されている工事の手持ち工事対象が拡大される。

説明会の開催日時と、会場は次の通り。3月9日11時~、大崎合同庁舎 1階会議室にて。3月10日11時~、登米合同庁舎 5階大会議室にて。3月11日は10時30分~と、13時30分~の2回の開催。会場はいずれも自治会館202、203会議室。

申込みはEメールで。資料はプリントアウトして持参
参加希望者は申込書に必要事項を記入の上、3月4日までに宮城県出納局契約課のアドレスへ電子メールにて申し込む。

なお説明会資料は、3月6日にウェブサイトに掲載される資料を印刷して持参のこと。説明会会場では配布されないので注意が必要だ。

また、参加は各社1名のみ。先着順に定員になり次第、締め切りとなる。1回の説明会で入場できるのは100名程度。4回開催されるので、合計400名が定員となる。

(画像は、宮城県公式ウェブサイトより)


▼外部リンク

「建設工事における入札・契約制度改正説明会」の開催について(契約課)-宮城県公式ウェブサイト
http://www.pref.miyagi.jp/release/ho20150223-1.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る