日本アジアグループ、滋賀県の2.4MWメガソーラー発電所が完成

更新122

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 日本アジアグループ、滋賀県の2.4MWメガソーラー発電所が完成

日本アジアグループ、滋賀県の2.4MWメガソーラー発電所が完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月13日 16:45

「東近江ソーラーウェイ」営業運転開始
日本アジアグループの子会社であるJAG国際エナジーは1月9日、滋賀県にメガソーラー「東近江ソーラーウェイ」を完成させた。

「東近江ソーラーウェイ」は、滋賀県東近江市の地元自治会が所有する遊休地約4万1500平米を活用した、出力約2.4メガワットの太陽光発電設備。

東芝製の太陽光パネル9576枚を使用し、年間発電量は一般家庭約700世帯分の年間消費電力量に相当する。施行は熊谷組。発電した電力は、関西電力に売電する。


メガソーラーで持続可能な社会と、地域活性化を目指す
日本アジアグループは人と地球に優しい「グリーン・コミュニティ」の実現を目指し、「空間情報コンサルティング」、「グリーンプロパティ」、「グリーンエネルギー」、「ファイナンシャルサービス」の4つの事業を展開している。

傘下のJAG国際エナジーは、4つの柱のうちの「グリーンエネルギー」事業を担当。太陽光発電所開発を企画段階から建設、発電、維持管理、運営までワンストップで提供する。

今後も、これまでの経験で培ったノウハウと知見を生かし、地域特性にあわせた太陽光発電所の開発を通じて地域の活性化、まちづくりへの取り組みを進めていく方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

日本アジアグループ株式会社のニュースリリース
http://www.japanasiagroup.jp/cms/pdf/964/2015-01-09.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る