三菱日立パワーシステムズ、サウジアラムコと包括購買契約を締結

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 三菱日立パワーシステムズ、サウジアラムコと包括購買契約を締結

三菱日立パワーシステムズ、サウジアラムコと包括購買契約を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月12日 18:45

ガスタービンの長期保守管理を含む契約を締結
三菱日立パワーシステムズは12月10日、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコと、ガスタービンに関する企業間の包括購買契約を結んだと発表した。

今回の契約には14年間にわたる「長期保守契約」も含まれており、15万キロワット級のガスタービン11基の保守管理、代替部品のサプライ業務、各種データの遠隔モニタリングなどのサービスを提供する。

需要の高い長期保守契約サービスに注力
サービスの提供のために、サウジアラビアにガスタービン補修用のサービスセンターを設立し、三菱日立パワーシステムズのサウジアラビアにおける拠点である、グループ企業MPS Saudiを通じて業務を行う。

高温にさらされるガスタービンの部品は、常に検査・修理が求められる。このため、近年急速に需要が高まっているのが、保守管理サービスである。安全かつ高効率な発電設備の維持には欠かせない。

このような需要を背景に、三菱日立パワーシステムズでは保守管理サービスを重点事業に掲げ、事業戦略として長期保守契約の獲得に注力する方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

三菱日立パワーシステムズ株式会社のニュースリリース
http://www.mhps.com/news/20141210.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る