日立グループ、千葉県で5.2MWメガソーラーの営業運転開始

更新118

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 日立グループ、千葉県で5.2MWメガソーラーの営業運転開始

日立グループ、千葉県で5.2MWメガソーラーの営業運転開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月09日 18:15

年間発電量は5.2メガワット
日立キャピタルと日立製作所は12月8日、千葉県で建設を進めていた「日立東金第一・第二太陽光発電所」が完成し、営業運転を開始したと発表した。

「日立東金第一・第二太陽光発電所」は、日立が設計から調達・建設までのEPC受注を請け負い、日立キャピタルが発電事業の運営を担当するメガソーラー事業。

東金市二之袋(一部、大網白里市)の約12ヘクタールの敷地に建設され、発電出力は約5.2メガワット。年間発電電力量は一般家庭約1,500世帯分の電力消費量に相当する、約527万キロワット時の見込みだ。発電した電力は固定価格買取制度を利用して、東京電力に売電される。

風力発電事業にも参入予定
日立キャピタルと日立は、EPC契約によるメガソーラーシステムの一括提供を、2013年度から進めてきた。

日立キャピタルは2015年度中期経営計画で、再生可能エネルギー事業の総発電容量の累計目標を、350メガワットに掲げている。2014年10月末時点での累計は、234メガワット。目標まで、あと116メガワットの地点に達した。

今後は成長が期待される風力発電事業なども視野に入れながら、引き続き環境・再生可能エネルギー事業を積極的に推進していく方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

日立キャピタル株式会社、株式会社日立製作所のニュースリリース
http://www.hitachi-capital.co.jp/hcc/ir/pdf/20141208.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る