水前寺海苔を建設分野へ応用 「K-FAST」を新開発

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 水前寺海苔を建設分野へ応用 「K-FAST」を新開発

水前寺海苔を建設分野へ応用 「K-FAST」を新開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月30日 21:00

植物由来凝集剤を新開発
鹿島建設は、10月27日、淡水産ラン藻(水前寺海苔)などの植物由来天然ポリマーと三価鉄溶液を用いた、環境にやさしく、高性能な濁水処理用の凝集剤「K-FAST」を開発したことを発表した。

浚渫工事、トンネル工事などの掘削工事に伴う「濁り水」を除去する方法として「凝集剤」を用いるが、近年、凝集剤を使用した水による環境影響が懸念されることから、環境負荷の少ない天然由来の凝集剤へのニーズが高まっているという。
 
(画像はプレスリリースより)

「K-FAST」の概要
「K-FAST」は、日本固有の淡水産ラン藻である「水前寺海苔」を建設分野へ初めて応用したもの。天然材料であることから、周辺水域環境への負荷が極めて小さく、保水性・吸着性にも優れていることから、凝集剤として適用できる。

また、海水・淡水を問わず、有機・無機いずれの濁り物質においても適用可能。凝集した濁り物質は、沈降速度が速いことから、短時間での濁水処理を可能にしたという。

作業効率向上と環境負荷低減を両立
鹿島建設は、今回の新開発について、作業効率の向上と環境負荷の低減双方を同時に実現するものと位置づけている。

今後、水前寺海苔の安定的な供給体制に取り組み、周辺水域の環境が懸念される掘削工事へ提案していく方針だ。


▼外部リンク

鹿島建設 プレスリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press/201410/27c1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る