軽量ガラスとFRPを使用したメガソーラーが稼働、旭硝子株式会社

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 軽量ガラスとFRPを使用したメガソーラーが稼働、旭硝子株式会社

軽量ガラスとFRPを使用したメガソーラーが稼働、旭硝子株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月17日 15:00

エネ・シードひびき太陽光発電所
旭硝子株式会社(AGC)は、「エネ・シードひびき太陽光発電所」にて、旭硝子株式会社の化学強化特殊ガラス「Leoflex(R)」と旭硝子の子会社であるAGCマテックス株式会社のガラス繊維強化プラスチック素材FRPである「プラアロイ(R)」が採用されたと発表した。

エネ・シードひびき太陽光発電所は沿岸部に立地していることから、塩害によるソーラーパネルの劣化や架台の腐食などが問題となっていた。

(画像はプレスリリースより)

長寿命化と施工時の作業負荷を軽減
そのためこのような環境下であっても、軽量ガラスやFRPの特長を活かした製品を採用することによってメガソーラーの耐久性と施工性が向上した。

三菱電機株式会社が開発を行った両面ガラス軽量ソーラーパネルには、「Leoflex」が両面に使用されている。また架台には「プラアロイ」が使用されている。両方とも軽さと高い耐久性があり、メガソーラーの長寿命化と、施工時の作業負荷が大きく軽減した。

両面ガラス軽量パネルは耐湿性が高いガラスを両面に使用しているため、パネルの劣化を長期間抑えることができる。またガラスを薄くて強い「Leoflex」にしたことによって、通常の片面ガラスパネルと比較すると約2割軽量化することができた。

架台は厳しい環境条件であっても、高い耐久性が期待される。また架台の一部には、株式会社NTTファシリティーズと共同開発した新設計の架台を採用。そのため施工時の作業効率を大きく改善することが可能となった。


▼外部リンク

旭硝子株式会社 ニュースリリース
http://www.agc.com/news/2014/1014.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る