乾式外装システム「プラスリム工法」で大幅な工期短縮を実現

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. 乾式外装システム「プラスリム工法」で大幅な工期短縮を実現

乾式外装システム「プラスリム工法」で大幅な工期短縮を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月03日 16:00

430平米の外壁改修を2か月で完了
東急建設は10月1日、東急建設、ニチアスセムクリート、YKK APの3社が共同で開発した乾式外装システム「プラスリム工法」を用いた、外壁のリニューアル工事を完了したと発表した。

外壁改修工事が行われたのは、神奈川県横浜市に立地する、小口タイル張りの外壁のある築27年の3階建てビル。

「プラスリム工法」は、外壁にアルミ製の下地をアンカー固定し、そこに薄型のガラス繊維補強セメント板で作られたGRCパネルをはめ込んで取り付ける工法である。

パネルには、約1メートル四方の標準品を使用して、施工効率を高めた。パネルは人が持ち上げられる重量に設計されており、電動ウインチで足場まで持ち上げてレールにセットしてから、人力でパネル位置を決めて固定する。

(画像はニュースリリースより)

大型重機不要で、短工期の施工を実現
手で持ち運べるので大型重機が不要となり、短工期で効率の高い施工を実現した。今回のリニューアル工事の外壁面積は430平米だったが、墨出しからシーリングまで、約2か月で完了した。

これまでの乾式外装では、取り付け下地と改修パネルの厚みが邪魔になり、敷地境界に接している建物では、施工できない場合もあった。

プラスリム工法は、薄型GRCパネルに特殊形状のレールを採用することで、約50mmの薄さを実現。薄くても強じんなので、外壁の耐久性を高める効果も期待できる。


▼外部リンク

東急建設株式会社のニュースリリース
http://const.tokyu.com/topics/topics_07.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る