日本初!コートジボワールで石油・ガス探鉱事業へ参画 三菱商事

更新123

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 日本初!コートジボワールで石油・ガス探鉱事業へ参画 三菱商事

日本初!コートジボワールで石油・ガス探鉱事業へ参画 三菱商事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月16日 02:00

日本企業初の参画
三菱商事は、9月12日、西アフリカ・コートジボワール共和国沖合の石油・ガス探鉱鉱区権益を、米国アナダルコ社より20%取得することで合意したことを発表した。

なお、今後コートジボワール共和国政府からの承認を経た後、権益の譲渡が完了となるが、同国での石油・ガス探鉱事業は、日本企業として初めての試みである。

(画像はニュースリリースより)

鉱区の概要
近年、コートジボワール共和国の隣国、ガーナ共和国において大規模油田が発見されたことから、西アフリカ地域は世界でも注目の集まる場所として位置づけられている。

今回の対象鉱区は、CI-103鉱区。2012年の探鉱井掘削により既に石油・ガスの胚胎が確認されており、コートジボワール共和国南岸から約50キロメートル沖合、水深2,000メートル深海に位置しているという。

なお、アナダルコ社、英国タロー社、コートジボワール共和国・国営石油会社ペトロシ社が権益を保有し、三菱商事参画後は、決められた権益比率で地質調査や試堀井堀削等の探鉱事業を推進していく計画だ。 

西アフリカに着眼
三菱商事は、2020年頃を目途に資源分野の持ち分生産量倍増をめざしている。

これまでも世界各地で探鉱開発事業を手掛けてきたが、今後はアフリカ西岸部での探鉱事業も視野に入れ、新興地域におけるエネルギーの安定供給、経済発展に貢献していくかまえだ。


▼外部リンク

三菱商事 ニュースリリース
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2014

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る