中国にて2つの工場を新設、三菱電機株式会社

更新120

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. 中国にて2つの工場を新設、三菱電機株式会社

中国にて2つの工場を新設、三菱電機株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月24日 00:00

中国で2つの工場を新設
三菱電機株式会社が、中国の三菱電機上海機電電梯有限公司に新工場2つを建設し、年間生産能力を現在の1万台から2万台に増強する。また中国向けエレベーターの開発力も強化していき、中国の現地ニーズに対応していく。

工場の稼働時期は第3工場が2014年7月で、第4工場が2015年7月。構造はどちらとも鉄骨造1階建だ。建築面積は第3工場が約6,300平方メートル、第4工場が約25,500平方メートルだ。どちらの工場でもエレベーター機器の製造や、開発、設計、評価試験を行う。

(画像はプレスリリースより)

今後も昇降機市場規模拡大と予測
中国の昇降機市場規模は年間需要50万台と、世界で最大の市場だ。中国の都市開発化は内陸部にも及んでいるため、今後も増加が予想される。

三菱電機株式会社は中国向けエレベーター、エスカレーターの開発、製造拠点として上海三菱電梯有限公司と三菱電機上海機電電梯有限公司2社を設立。

上海三菱電梯有限公司は普及型の製品を、三菱電機上海機電電梯有限公司は高級志向の「MAXIEZ」シリーズを中国全土に供給している。

今回、高速エレベーター中国国産化等による競争力強化に向けて三菱電機上海機電電梯有限公司に2つの工場を建設する。

製造エリアの拡充と最新設備の導入によって、現在の2倍となる2万台生産体制を構築していく。


▼外部リンク

三菱電機株式会社 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る