「明石駅前南地区第一種市街地再開発事業」に着工を発表

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. 「明石駅前南地区第一種市街地再開発事業」に着工を発表

「明石駅前南地区第一種市街地再開発事業」に着工を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月09日 09:00

明石駅前南地区第一種市街地再開発事業に着工
野村不動産株式会社とアートプランニング株式会社、関電不動産株式会社の3社が、「明石駅前南地区第一種市街地再開発事業」に着工したと発表した。

この再開発事業は、兵庫県明石市のJR神戸線「明石」駅とペデストリアンデッキで駅と直結した複合型施設だ。

住宅棟は地上34階建てのタワー型分譲マンション。施設棟には市役所窓口や、図書館、子育て支援施設等の公共施設。飲食街や大型書店、クリニックや銀行等が入居する予定だ。

なお再開発事業の商業施設の事業推進コーディネート業務は、野村不動産グループの株式会社ジオ・アカマツが担当する。

(画像はプレスリリースより)

次世代型マンションエネルギーマネジメントシステム
また野村不動産が推進してきたエネルギーマネジメントシステム「エネコックe」を関西で初めて導入する。

「エネコックe」はエネルギーを電気に一元化することにより、エネルギーをマネジメントするサービス。電力をマンションでまとめて購入し、ICTにて使用量を「見える化」する。

今回一括受電適応エコキュートを採用することによってこれまで対応が困難であったオール電化での一括受電サービス提供が可能となる。

これによって、マンションの状況に応じたエネルギー消費を最適化し、次世代型マンションエネルギーマネジメントを実現する。


▼外部リンク

野村不動産株式会社 アートプランニング株式会社 関電不動産株式会社 ニュースリリース
http://www.nomura-re.co.jp/cfiles/news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る