LIXIL、東北地方初のメガソーラー発電施設稼働開始

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. LIXIL、東北地方初のメガソーラー発電施設稼働開始

LIXIL、東北地方初のメガソーラー発電施設稼働開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月27日 20:00

「LIXIL須賀川SOLAR POWER」が稼働
LIXILは、須賀川工場(福島県須賀川市)内に建設した太陽光発電施設、「LIXIL須賀川SOLAR POWER」が2014年5月より本格稼働することを発表した。

この発電所は、LIXILとして3番目であり、東北地方では初となるメガソーラー発電施設で、2013年7月よりLIXIL須賀川工場の遊休地を活用して建設をすすめてきたという。

(画像はニュースリリースより)

新発電所概要
「LIXIL須賀川SOLAR POWER」は約98,000平方メートルの面積を有し、最大発電出力は、約6.35メガワット。

年間発電量は、一般家庭1年間の約1,400世帯相当分である約7,800MWh、年間CO2排出削減量は約4,200トンを見込み、全量が東北電力に売電されるという。

省エネだけでなく創エネを
LIXILは、今後も「創エネ」のスローガンのもと、環境に配慮したクリーンエネルギーを創出する活動に積極的に取り組んでいく。

なお、この施設にはメガソーラーを一望できる展望台を併設した管理棟が付設されており、LIXILは見学者に普及活動をしていく予定だ。


▼外部リンク

LIXIL・ニュースリリース
http://newsrelease.lixil.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る