高降伏点外法一定H形鋼を2つの物流倉庫にて受注、新日鐵住金株式会社

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 高降伏点外法一定H形鋼を2つの物流倉庫にて受注、新日鐵住金株式会社

高降伏点外法一定H形鋼を2つの物流倉庫にて受注、新日鐵住金株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月19日 16:00

2つの物流倉庫で受注
新日鐵住金株式会社は、高降伏点外法一定H形鋼「ハイパービームVE(R)/NSYP(R)345B」を、「SGリアルティ舞洲」、「(仮称)ニチレイ・ロジスティック関西 咲洲物流センター」の物流倉庫で受注したことを発表した。

新日鉄住金グループは、世界最高の技術とものづくりの力を追求していくことによって、優れた製品・サービスの提供し、社会の発展に貢献することを企業理念として掲げている。

なお「ハイパービームVE(R)/NSYP(R)345B」は、設計基準強度を345N/mm2にまで高めた490N級鋼のことだ。

(画像はプレスリリースより)

ハイパービームVE(R)/NSYP(R)345B
どちらの物流倉庫でも「ハイパービームVE(R)/NSYP(R)345B」を梁に採用することによって、経済的で、高い耐震性を確保した設計ができるようになる。


「ハイパービームVE(R)/NSYP(R)345B」は建築構造用圧延鋼材SN490Bよりも設計基準強度F値を20N/mm2高くした490N級のハイパービーム(R)だ。

これによって鋼材重量を従来と比較して約5%低減することができ、これまでに物流倉庫を中心として9件(の建物に採用されている。

建築構造用圧延鋼材と同じ塑性変形性能を持ち、経済性にも優れており、優れた耐震性を確保した設計が可能となる。




SGリアルティ舞洲

 
所在地:大阪市此花区北港白津2−1−22
 
建築規模:延床面積111,798m2、地上6階建
 
構造:S造
 

(仮称)ニチレイ・ロジスティックス関西 咲洲物流センター

 
所在地:大阪市住之江区南港中
 
建築規模:延床面積35,446m2、地上6階建
 
構造:柱RC梁S造/免震構造
 
(プレスリリースより引用)



▼外部リンク

新日鐵住金株式会社 プレスリリース
http://www.nssmc.com/news/20140515_200.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る