ガーデンテラス「スマーレ」に2タイプを追加、三協立山株式会社

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. ガーデンテラス「スマーレ」に2タイプを追加、三協立山株式会社

ガーデンテラス「スマーレ」に2タイプを追加、三協立山株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月06日 22:00

「サイドクローズタイプ」と「デッキON仕様」
三協立山株式会社・三協アルミ社は、2012年春に発売を開始したガーデンテラス「スマーレ」に、「サイドクローズタイプ」と「デッキON仕様」を加え、バリエーションを拡充した。
なお5月1日から「サイドクローズタイプ」を発売。「デッキON仕様」は6月に発売予定だ。

これまでガーデンテラス「スマーレ」には「オープンテラスタイプ」と「サイドオープンタイプ」がある。

(画像はプレスリリースより)

自然の風を採り込める仕様に
今回新たに開発された「サイドクローズタイプ」は、施錠したままであっても自然の風を採り入れられるタイプのテラスだ。

これは「スマーレ」の側面にあるルーバー引戸をルーバーの状態にすることによって、壁を伝ってくる風をつかみそのまま採り込むという形だ。自然風をスムーズに採り込むことによって、夏場の暑さを軽減できる。

ルーバー状態の操作方法は難しくなく、施錠した状態で操作バーを押し下げロックされる位置まで引戸を開くということだけだ。また扉と扉の隙間というのは非常に小さいため、外からは開錠出来ない。

「デッキON仕様」は、人工木デッキである「ひとと木2」と組み合わせることによって、室内と一体感がある空間を演出できるタイプだ。


▼外部リンク

三協立山株式会社・三協アルミ社 ニュースリリース
http://alumi.st-grp.co.jp/news/2014news/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る