三菱商事など、西カナダでLNG事業を本格化

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 化学プラント>
  4. 三菱商事など、西カナダでLNG事業を本格化

三菱商事など、西カナダでLNG事業を本格化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月02日 13:00

4社合同で西カナダからLNGを輸出
三菱商事、シェル、韓国ガス公社、中国石油天然气集団は5月1日、液化天然ガス(LNG)輸出プラントの共同開発プロジェクト「LNGカナダ」の合弁事業契約を締結。カナダからのシェールガス初輸出に向けて、事業を本格化させる。

「LNGカナダ」プロジェクトは、カナダ ブリティッシュ・コロンビア州 キティマット港地域で開発を進めている、液化天然ガス輸出プラントの共同開発事業である。

新たに設立した合弁会社の出資比率はシェルが50%、中国石油天然气集団が20%、三菱商事と韓国ガス公社が15%。

(画像はプレスリリースより)

年間生産量1,200万トン
「LNGカナダ」プロジェクトでは既に、25年の期間、輸出先制限のない輸出許可を取得しており、2系列の拡張が可能な液化プラント用地も確保済みだ。

現段階では年間600万トンの液化天然ガスを生産する設備を2系列建設し、年間1,200万トンの供給を目指す。事業が順調に進めば、将来的には系列の拡張もあり得る。

三菱商事では今回のプロジェクトに先行して、西カナダでシェールガス開発事業を2案件、進めている。これらの資源も活用し、シェールガスの生産から液化、輸出までをワンストップで供給できるシステムを構築する。


▼外部リンク

三菱商事株式会社、ロイヤル・ダッチ・シェル、韓国ガス公社、中国石油天然气集団のプレスリリース
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/14.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る