国交省「平成24年度建設副産物実態調査結果」公表

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 国交省「平成24年度建設副産物実態調査結果」公表

国交省「平成24年度建設副産物実態調査結果」公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月28日 17:00

建設リサイクル率、前回調査より向上
国土交通省は3月27日、「平成24年度建設副産物実態調査結果」を公表した。

建設副産物実態調査は建設工事で発生するコンクリート塊、建設発生木材などの「建設廃棄物」と、「建設発生土(土砂)」の量、再資源化状況、最終処分量等の動向を調べたもの。調査結果は建設リサイクルに関する施策などに役立てられる。

調査では、建設廃棄物の再資源化率、建設発生土利用率ともに、前回調査より向上した。

(画像は、国土交通省の報道発表資料より)

廃棄物の再資源化率2.3、土砂利用率9.7ポイント増
平成24年度の建設廃棄物の再資源化・縮減率は、96.0%。平成20年度に実施した前回調査に比べ、2.3ポイント向上した。品目別にみると「建設汚泥」が横ばい、「アスファルト・コンクリート塊」、「コンクリート塊」、「建設発生木材」が向上している。

建設廃棄物の排出量は、7,269万トンだった。前回調査に比べ、13.9%増加した。しかし最終処分量は290万トンとなっており、前回調査より27.9%減少している。

平成24年度の利用土砂の建設発生土利用率は88.3%。前回調査に比べ、9.7ポイント向上した。建設発生土の排出量は、1億4,079万立方メートルで、前回調査とほぼ変わらず。

(画像は、国土交通省の報道発表資料より)

建設リサイクルへの意識、高まる
「建設リサイクル推進計画2008」の目標値達成状況をみると、「アスファルト・コンクリート塊」、「コンクリート塊」、「建設発生木材(再資源化率)」、「建設汚泥」、「建設廃棄物」、「建設発生土」が平成24年度の目標を達成した。

一方で「建設発生木材(再資源化・縮減率)」、「建設混合廃棄物(排出量)」の2項目が、目標値に達しなかった。


▼外部リンク

平成24年度建設副産物実態調査結果について - 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/report/press.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る