コニカミノルタ、世界初のパネル量産工場を山梨県に建設

更新122

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. コニカミノルタ、世界初のパネル量産工場を山梨県に建設

コニカミノルタ、世界初のパネル量産工場を山梨県に建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月19日 17:00

有機EL照明事業に本腰
コニカミノルタは、3月18日、コニカミノルタ甲府サイト(山梨県中央市)内に樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネルの量産工場を建設することを発表した。

この工場には生産性に優れるロール・ツー・ロール方式を導入。 白色および調色機能付の樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネルを世界で初めて量産するという。

なお、2014年度より有機EL照明事業を本格的に展開するために建設をするとし、同年夏に竣工し、秋より量産を開始する予定だ。
    
(画像はニュースリリースより)

コニカミノルタの研究成果
有機EL照明は、薄く、軽く、面光源という特長がある。また、蛍光灯のような水銀を使用しないで、高いエネルギー利用を可能にすることから、環境負荷が低く、人に優しい技術だ。

コニカミノルタでは、近年、有機EL照明パネルにおいて研究をすすめてきた。今年に入ってからはフレキシブルタイプで世界初の調色機能付と世界最薄の有機EL照明パネルなどを発表し、世界に先駆けた開発成果を生み出している。

また、樹脂基板ならではの、軽く、曲がる、割れにくい有機EL照明パネルを実現したことで、一般照明や建築分野などの顧客に新たな価値を供給できると結論づけた。

社会的意義のある商品を
コニカミノルタでは、量産開始に先立ち、3月30日よりドイツ・フランクフルトで開催される世界最大の照明・建築の見本市「Light+Building2014」にデモンストレーションモデルを出展する。

今後も、持続的成長を実現していきたいとし、また、有機EL照明事業を中核に据え、「新たな価値」を持った製品を提供していく構えだ。


▼外部リンク

コニカミノルタ・ニュースリリース
http://www.konicaminolta.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る