YKK AP、花粉やPM2.5対策に適した木調ガーデンルームタイプを新発売

更新122

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. YKK AP、花粉やPM2.5対策に適した木調ガーデンルームタイプを新発売

YKK AP、花粉やPM2.5対策に適した木調ガーデンルームタイプを新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月19日 18:00

PM2.5や花粉対策で需要急増
YKK APは、3月18日、「サンフィールIII」に「木調ガーデンルームタイプ」(テラス囲い)を追加し、商品ラインアップを拡充することを発表した。

「サンフィールIII」は、PM2.5や花粉対策として需要が増加しているとし、今後もこの傾向は継続されるという考えのもと、モダンで、かつ性能の優れた新仕様を追加するとしている。

(画像はニュースリリースより)

人気上昇中
「サンフィールIII」は、テラス囲い、バルコニー囲いなどの商品シリーズだ。大気汚染悪化に伴い、洗濯物干し場としてのニーズが高まるだけでなく、屋外空間で余暇を楽しく過ごしたいといった顧客も増加し、「サンフィールIII」の需要は拡大中だ。

従い、「サンフィールIII」シリーズ全体の出荷数量は好調で、伸長率は全国で141%、大気汚染の影響が大きかった九州地方で165%を記録したという。

顧客ニーズに対応
YKK APでは「木調ガーデンルームタイプ」を追加することで提案力を更に強化し、意匠性にこだわる顧客ニーズに応えたいとしている。

また、地域を問わず、多様化する住宅環境のリフォームニーズに幅広く対応していく構えだ。


▼外部リンク

YKK AP ニュースリリース
https://www.ykkap.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る