太陽光発電システム「ソーラーベース柱建てタイプ連棟仕様」の発売を開始、株式会社LIXIL

更新118

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 太陽光発電システム「ソーラーベース柱建てタイプ連棟仕様」の発売を開始、株式会社LIXIL

太陽光発電システム「ソーラーベース柱建てタイプ連棟仕様」の発売を開始、株式会社LIXIL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月03日 16:00

「ソーラーベース柱建てタイプ連棟仕様」を発売
株式会社LIXILが桁を連結することによって、基礎数や工事費を削減することができる太陽光発電システム「ソーラーベース柱建てタイプ連棟仕様」を、2014年2月3日より発売開始する。

「ソーラーベース柱建てタイプ」は、住宅の余剰地を使って簡単に設置することが可能な、住宅用地上設置型太陽光発電システムだ。

そのため屋根が老朽化しているため太陽光発電システムを設置することができない住宅や、外観意匠上設置に抵抗がある住宅でも使用することができるため好評である。

(画像はプレスリリースより)

「盗難抑制ボルト」を用意
今回は「ソーラーベース柱建てタイプ」に「連棟仕様」を追加する。「ソーラーベース柱建てタイプ連棟仕様」は、パネル枚数を増やす時に、スリーブを使用して桁を連結させる。それによって従来品に比べ、柱の本数を減らすことができる。

柱の本数を減らすことができれば基礎の数も減らすことができるため、基礎工事費を削減することが可能だ。
さらに桁を連結し連棟にすることで一体感が生まれ、美しい外観にすることができる。

屋根用太陽光発電システムの「ソーラーラック(Bタイプ)」と合わせて設置する ことによって、発電総量をあげることも可能だ。建物に負担をかけることなく発電力不足を補う。また「ソーラーラック」とあわせることによって、全量買取にも対応する。

またソーラーパネルの盗難対策として、「盗難抑制ボルト」を用意した。「盗難抑制ボルト」は、ボルトを変更するだけで盗難抑制効果を高めることができる。


▼外部リンク

株式会社LIXIL ニュースリリース
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る