LIXIL、「センサー一体形ストール小便器」を新発売

更新118

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. LIXIL、「センサー一体形ストール小便器」を新発売

LIXIL、「センサー一体形ストール小便器」を新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月29日 23:00

12年ぶりにフルモデルチェンジ
LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、 2014年01月28日、「センサー一体形ストール小便器」を、2014年2月3日より発売することを発表した。

(画像はニュースリリースより)

経済性と使いやすさの両立を考えて
「センサー一体形ストール小便器」の形状には、便器に近寄りやすい「上面カーブ形状」と、足元を細く手元を広くすることで、 便器をまたぎやすくした「V字型フォルム」を採用。 また、こだわりぬいた便器フタ、センサー窓の小型化などにより、使い勝手や清掃性も向上されている。

そして洗浄水量はたったの1リットル、従来品から約75%の節水となり、業界トップクラス。新開発のスプレッダー(水の出口)を採用し、鉢内に広く洗浄水を広げられる構造とした。

また、LIXIL独自の機能「スーパーAI節水」は、使用状況に応じ、自動で消費水量を最小限に抑えることができる。一定の使用間隔があいた場合には、自動で追加洗浄するなど、臭いや汚れの原因となる尿石付着を抑制するという。

停電時も使用可能
そのほか、水力発電機を内蔵した便器もラインアップ。 電源に主電源回路と予備電池を採用することで、外部電源が不要に。従って充電切れの解消や、停電時の使用も可能となった。

LIXILでは、パブリックトイレをさらに進化させることで、公共施設や学校、オフィス、 病院などのトイレ空間をより快適にしていきたいとしている。


▼外部リンク

LIXILニュースリリース
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/020_water_0128_01.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る