1級土木施工管理技術検定試験、合格率は35.3%

更新123

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 1級土木施工管理技術検定試験、合格率は35.3%

1級土木施工管理技術検定試験、合格率は35.3%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月15日 23:00

1級土木施工管理技術検定「実地試験」合格者を発表
1月14日、全国建設研修センターは、平成25年度1級土木施工管理技術検定試験の実地試験合格者を発表した。

実地試験の受験者数は、29,182人 。このうち合格者は10,299人で、35.3%の合格率だった。

実地試験は2013年10月6日、全国13地区29会場で行われた。実地試験の受験者には、2013年7月7日の学科試験合格者及び、前年度学科試験合格者などが含まれる。

ちなみに学科試験の受験者数は32,639人。合格者は19,568人で、合格率は60.0%だった。

(画像は国土交通省の報道発表資料より)

試験問題は、全国建設研修センターで公開
合格者を勤務先別にみると、知事許可土木が最多で42.2%だった。次いで大臣許可土木の27.4%、公務員・独立行政法人の10.0%と続いた。

年齢別では、30歳~34歳の26.3%が最も多かった。次いで35歳~39歳の22.9%、25歳~29歳の21.4%の順となった。

1級土木施工管理技術検定の合格者のうち、2級土木施工管理技術検定の合格者は約半数の50.9%だった。

1級土木施工管理技術検定制度は、国土交通大臣指定機関の全国建設研修センターが実施する国家試験。合格者は土木施工のスペシャリストのあかしともいえる、1級土木施工管理技士の称号を手に入れることができる。

実地試験で合格するためには、得点の60%以上が必要。試験問題は、全国建設研修センターのホームページにて公開されている。


▼外部リンク

国土交通省の報道発表資料
http://www.mlit.go.jp/common/001024055.pdf

一般財団法人 全国建設研修センター 技術検定試験
http://www.jctc.jp/kentei/0114d_49dfsa/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る