KDDIエボルバが「やまがたワークプレイス」の起工を発表!

更新118

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. KDDIエボルバが「やまがたワークプレイス」の起工を発表!

KDDIエボルバが「やまがたワークプレイス」の起工を発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月09日 14:00

「やまがたワークプレイス」が起工!
株式会社KDDIエボルバは2013年12月3日(火)、山形県山形市において、お客様対応のコンタクトセンター「やまがたワークプレイス」を起工したことを発表した。

なお、このコンタクトセンターの起工式は、2013年12月9日(月)10時半より、建設地となる「蔵王みはらしの丘」にて執りおこなわれる。

(この画像はプレスリリースより)

山形県内で最大規模のコンタクトセンター
「やまがたワークプレイス」は、山形県内で最大規模のコンタクトセンターとして、最大500席の運用スペースを備えることになる。そこで提供されるサービスには、IT関連のテクニカルサポート業務や、カスタマーサービス業務を中心としたコミュニケーションサービスがある。

さらに、「やまがたワークプレイス」においては、社員たちが高いモチベーションを維持しながら、最適な環境で働くことができるように、さまざまな設備が設計されている。

建屋に併設される「テクニカル研修室」では、顧客対応に必要な最新技術を、随時社員たちが学ぶことが可能となる。さらに、最大220人収容可能な「社員食堂(カフェテリア)」や、蔵王連峰を180度見渡せる「テラス」なども併設され、社員たちに快適な業務環境を提供する。

来年6月の運用開始を目指して
今回起工した「やまがたワークプレイス」は、2014年5月の竣工、2014年6月の運用開始が目指されることになる。

この「やまがたワークプレイス」の概要は、以下の通りである。
「やまがたワークプレイス」概要
1.名称:KDDIエボルバ「やまがたワークプレイス」
2.住所:山形県山形市大字松原157-1(蔵王みはらしの丘)
     F-1区画(建設地)
3.仕様:敷地面積 29485.85平方メートル
    建築面積 2789.78平方メートル
    (延床面積 4923.47平方メートル)
    S造(鉄骨造2階)、500台の駐車場、テクニカル研修室
    カフェテリア(社員食堂)、コミュニケーションスペース
    リフレッシュルーム、テラスを併設

(プレスリリースより)

なお、「やまがたワークプレイス」の施工は、鹿島建設株式会社 東北支店がおこなっていく。


▼外部リンク

株式会社KDDIエボルバによるプレスリリース
http://www.atpress.ne.jp/view/41298

KDDIエボルバホームページ
http://www.k-evolva.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る