JFEグループの技術力結集 倉敷市の「鶴の浦ソーラーパワー」が竣工

更新119

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. JFEグループの技術力結集 倉敷市の「鶴の浦ソーラーパワー」が竣工

JFEグループの技術力結集 倉敷市の「鶴の浦ソーラーパワー」が竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月04日 15:00

「JFEソーラーパワー倉敷株式会社」が設置
JFEエンジニアリング株式会社(東京都千代田区)は、2日、岡山県倉敷市に建設した大規模太陽光発電所(メガソーラー)「鶴の浦ソーラーパワー」の竣工式を行ったことを発表した。

発電所の設備容量は7MW、年間発電量は650万kWhを想定しているという。

「鶴の浦ソーラーパワー」は、JFEスチール株式会社(東京都千代田区)が同地区に保有する旧社宅跡地に設置された。JFEエンジニアリングが100%出資して設立した特定目的会社の、JFEソーラーパワー倉敷株式会社(岡山県倉敷市)が事業主体となっている。

(画像はニュースリリースより)

新開発の架台システムにグループの技術力が結集
このメガソーラーは、JFEスチールの西日本製鉄所内で電気工事を手掛けているJFE電制株式会社(東京都港区)が元請けとなっており、電気工事も担当。JFEグループの力を結集して建設されたものだ。

架台には、JFEスチールグループが、メガソーラー向けに新開発した超軽量鋼製架台システム「JFEソーラーアレイ」を採用した。

この架台は、風洞実験などを経て、極限まで軽量化されている。また、素材には、JFE鋼板株式会社(東京都品川区)の高耐食性溶融めっき鋼板「エコガル」を使用し、長期耐久性を確保。

さらに、基礎には鉄鋼スラグ水和物固化体「フェロフォーム」を使用してプレファブ化し、施工の合理化や、環境負荷の低減も実現した。

技術を提供し再生可能エネルギー普及を
JFEグループでは、今後、太陽光だけでなく、地熱やバイオマス等を活用した発電の事業化を進めながら、これらのプラントの技術・ノウハウを他の事業者に提供することで、再生可能エネルギーの普及に取り組みたいとしている。


▼外部リンク

岡山県倉敷市でメガソーラー発電所の稼動開始
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2013/20131002120905.html

JFEエンジニアリング株式会社
http://www.jfe-eng.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る