住友商事がマレーシアの超々臨界圧火力発電所建設を受注

更新122

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 住友商事がマレーシアの超々臨界圧火力発電所建設を受注

住友商事がマレーシアの超々臨界圧火力発電所建設を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月28日 03:00

韓国デリムとのコンソーシアムで
住友商事株式会社(東京都中央区)は、22日、韓国企業のDaelim Industrial Co.Ltd.,(以下「デリム」)とのコンソーシアムで、マレーシアのPerak州、Manjungに超々臨界圧石炭火力発電所を建設するための、設計・調達・建設業務を請け負うEPC契約を受注したと発表した。

1000MWの発電所 総受注額は約1300億円
これは、マレーシア政府系電力会社のTenaga Nasional Berhad(以下「TNB」)が計画しているもの。住友商事とデリムグループは、2012年12月にマレーシア政府より公示された1000MW超々臨界圧石炭火力発電所事業権入札に参加していた。

住友商事は、この入札において一番札となったTNBと、2013年8月21日に正式なEPC契約を結んだ。総受注額は約1300億円。2014年1月に着工、2017年10月に完工予定。

同社は、契約に基づいて、全体の取りまとめと、プラント補機供給、土木・据え付け工事を担当する。また、株式会社日立製作所が、蒸気タービン、発電機の製造・納入を、バブコック日立株式会社がボイラーの製造・納入を担当することが決まっている。

超々臨界圧石炭火力発電所を世界展開
住友商事は、これまでにも、マレーシアにおいて4件の大型発電所建設の受注実績がある。今回の受注は5件目にあたり、これらの総発電容量は、実にマレー半島全体の20%余りに相当する。

また、同社の海外における超々臨界圧石炭火力発電所の受注は、台湾の大林超々臨界圧石炭火力発電所に次いで2件目。

今後、超々臨界圧石炭火力発電所技術の海外輸出に取り組み、電気インフラ事業を、さらにグローバルに展開していくことを目指したいとしている。


(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

マレーシア向け1000MW マンジュン超々臨界圧石炭火力発電所建設請負工事を受注
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/detail/id=27067

住友商事
http://www.sumitomocorp.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る