世界初!キャッサバパルプを用いたバイオエタノール製造プラントを実用化

更新121

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 環境プラント>
  4. 世界初!キャッサバパルプを用いたバイオエタノール製造プラントを実用化

世界初!キャッサバパルプを用いたバイオエタノール製造プラントを実用化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月11日 11:00

温室効果ガスを抑制
新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)は、1月10日、サッポロホールディングスとタイ企業のInnotech Green Energy Company Limited(以下、IGE社)が、キャッサバパルプを用いたバイオエタノール製造プラントの、世界初となる実用化に向けた取り組みを開始したことを発表した。

両社は1月9日、バイオエタノール製造技術の提供およびプラント設計に関するコンサルティング契約を締結。年産6万キロリットルのプラント建設に向けた事業性評価(FS)を実施するという。

タイの代替エネルギーの目標達成に
タイでは、2021年のエネルギー使用量に占める代替エネルギーの割合を25%、このうちバイオエタノール導入目標として、9,000キロリットル/日を掲げている。

一方、NEDOは、キャッサバパルプを用いたバイオエタノール事業の実用化のため、タイ科学技術省国家イノベーション庁と基本協定書を締結。2011年度からサッポロホールディングス等に委託し、実証事業を行っていた。

同国ではキャッサバパルプが年間約260万トン排出されていたものの、繊維分を多く含むという理由から、バイオエタノールの原料としては利用できていなかったという。

しかし、サッポロホールディングスによる、酒類製造で培ってきた発酵技術と知見から、キャッサバパルプを原料とする持続可能なバイオエタノール製造を実現。

建設予定のプラントにおける温室効果ガス削減効果は、約12万トン/年と試算され、同国の代替エネルギーの目標達成に貢献できるとしている。

今後の展開
サッポロホールディングスは、プロジェクト遂行について、IGE社と具体的な検討作業等を進め、その後、プラント建設を手掛ける計画である。

なお、東南アジア諸国では、キャッサバの栽培が旺盛。今後、タイのみならず、周辺各国へのバイオ燃料製造技術の普及や、エネルギー問題等の解決に努めていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NEDO プレスリリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100701.html

サッポロホールディングス プレスリリース
http://www.sapporoholdings.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る