大規模タワーマンション「勝どき ザ・タワー」完成

更新121

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 大規模タワーマンション「勝どき ザ・タワー」完成

大規模タワーマンション「勝どき ザ・タワー」完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月09日 18:45

勝どき五丁目地区の再開発事業が完成
鹿島建設は1月6日、東京都中央区にて建設を進めてきた「勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業」が完成したと発表した。

この開発事業は約1.3ヘクタールに及ぶ大規模再開発プロジェクトで、地上53階建て総戸数1,420戸の大規模タワーマンション「勝どき ザ・タワー」をはじめ、公益施設や住宅、事務所など計3棟を建設するもの。

鹿島建設は特定業務代行者として、再開発組合事務局の運営から設計、施工、マンションの分譲まで一貫して担当した。

再開発事業は2006年に敷地に隣接する環状2号線を高架方式とする都市計画変更を受け、取組がスタートした。2007年の準備組合設立を経て、2011年に鹿島が特定業務代行者となり再開発組合が設立された。

着工は2013年9月、2016年12月27日に落成した。事業発起から10年での完成は、市街地再開発事業としては異例の早さといえる。

3棟全体で支える制震構造「VDコアフレーム構法」を開発
再開発における主要建築物である「勝どき ザ・タワー」は、日照やプライバシーを確保するために「風車型トライスター」形状を採用。制震構造には世界初の「VDコアフレーム構法」を開発し、適用した。

VDコアフレーム構法とは3棟を連結する部分の内周架構に、ブレース形式にて制震オイルダンパーを組み込み、建物全体で地震力を吸収する架構形式。トライスター形状をしっかりと支えるとともに、耐震要素を中央部に集約させることで外周部のスパンの拡大、各棟の先端部でも開放的な居住空間を実現した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島建設株式会社のプレスリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press/201701/pdf/6a1-j.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る