三菱商事、ベルギー最大の新規洋上風力発電事業に参入

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 三菱商事、ベルギー最大の新規洋上風力発電事業に参入

三菱商事、ベルギー最大の新規洋上風力発電事業に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月15日 20:00

3社共同で建設、運転
三菱商事は、12月14日、ベルギー最大の新規洋上風力発電事業へ参入することを発表した。

これに向け、同社の英国100%子会社のDiamond Generating Europe社およびオランダ公営の総合エネルギー事業会社であるEneco社は、新会社を設立。この新会社を通じて、Norther(ノーザー)洋上風力発電事業会社へ50%出資参画する。

また、ベルギーの地方自治体が100%出資するエネルギー・通信会社Nethys社が同事業会社の残る50%を保有。今後3社共同で建設、運転を進める計画だ。

ノーザー洋上風力発電所の概要
ノーザー洋上風力発電所は、ベルギー沖合約23キロメートル(水深約20メートル)の北海海域に、MHI-Vestas製8.4MWタービンを44基設置、建設される予定だ。

総発電容量は、ベルギーの40万世帯の電力に相当する規模。同国最大の約37万kWになるという。

なお、3社は総事業費1,500億円を投じ、来年1月から建設をスタート。2019年夏頃の運転開始を目指す。

再生可能エネルギーへの取り組みを強化
同社は、2012年、Eneco社と欧州の洋上風力発電事業分野での戦略的提携を締結。今回のプロジェクトはオランダ・ルフタダウネン洋上風力発電所に次ぐ第2号案件となった。

同社は既に洋上風力の専門チームを組成。今後も、欧州を中心に洋上風力発電事業に取り組み、低炭素社会実現に貢献していく方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三菱商事 プレスリリース
http://www.mitsubishicorp.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る