東京建物とサンケイビル、池袋エリアの誰もが輝く劇場都市「(仮称)豊島プロジェクト」に着工

更新120

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設コンサルタント>
  4. 東京建物とサンケイビル、池袋エリアの誰もが輝く劇場都市「(仮称)豊島プロジェクト」に着工

東京建物とサンケイビル、池袋エリアの誰もが輝く劇場都市「(仮称)豊島プロジェクト」に着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月10日 18:00

豊島区庁舎跡地(A敷地)における新築工事に着手
東京建物株式会社と株式会社サンケイビルは12月8日、「(仮称)豊島プロジェクト」の東京都豊島区庁舎跡地(A敷地)における新築工事に着手した、と発表した。

豊島公会堂跡地(B敷地)における新築工事は、新ホール棟として平成29年1月に着手予定。

(仮称)豊島プロジェクトは、「誰もが輝く劇場都市」をコンセプトに、池袋エリアの国際競争力を大きく強化し、豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボル的なプロジェクトとして位置づけられている。

オフィス棟は池袋の新たなビジネス拠点
豊島区庁舎跡地のA敷地には、東京・池袋の新たなランドマークとなる超高層ビル(オフィス棟)の建設を予定。

池袋エリア最大級の大規模・高規格オフィスを整備し、国際的な企業を誘致して、池袋の新たなビジネス拠点を形成する。低層部分には、にぎわい空間として、シネマコンプレックスや多彩な商業店舗を整備する。

オフィス棟は、敷地面積3,619.67平方メートル、延床面積約68,600平方メートルの鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄筋コンクリート造)の地上33階、地下2階、高さ約158メートルの複合ビル。

建物の1階は店舗、2~6階は映画館、7~32階のオフィスにはワンフロア約500坪の使いやすい整形無柱空間を整備した。

鹿島建設株式会社一級建築士事務所が設計し、鹿島建設株式会社が施工する。

オフィス棟の竣工は、平成32年5月の予定。

豊島プロジェクトは池袋の防災機能を担う
オフィス棟、新ホール棟ともに高い耐震性能をもち、72時間運転可能な非常用発電機を備え、防災設備・施設を整備し、両棟が連携して池袋の防災機能強化の役割を担う計画である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東京建物株式会社のニュースリリース
http://pdf.irpocket.com/C8804/DZbR/MF2I/ZB9B.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る