クラレと住商、タイ企業と樹脂材料ケミカルプラント建設で合意

更新119

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. クラレと住商、タイ企業と樹脂材料ケミカルプラント建設で合意

クラレと住商、タイ企業と樹脂材料ケミカルプラント建設で合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年09月19日 09:00

3社による生産設備の基本設計検討
今月13日クラレは、タイ・PTT グローバルケミカル社と住友商事と共同で、タイにおけるブタジエン誘導品の製造販売事業に関する詳細検討を進めるため、合意書を締結した。

今回の締結は、昨年9月に行われたブタジエン誘導品事業の協業可能性の検討をさらに推し進めるもので、この合意書の締結により生産設備の基本設計を含む詳細検討に入る。なお、この合弁事業に係る最終投資判断は2017年後半を予定しており、出資比率等の詳細と合わせて検討される。
現地調達と設備事業化調査の検討
製造拠点は、タイのラヨン県マプタプット、石油化学コンプレックス内のヘマライースタン工業団地を候補地としている。

2020年に高耐熱性ポリアミド樹脂PA9T、水素添加スチレン系熱可塑性エラストマーHSBCの設備稼働開始を目標におき詳細事業化調査を進めている。主な原料となるブタジエンは、同工業団地内のPTTグローバルケミカル社から供給される。

また同敷地内に、クラレ社単独によるイソブチレン誘導品MPDの生産設備建設の検討も行い、2017年後半に最終投資判断を示し、2020年の設備稼働開始を目標にF/S を進める。原料のイソブチレンに関しても、ブタジエン同様にPTTグローバルケミカル社から供給される。
製造される高耐熱性ポリアミド樹脂は、優れた耐熱性と機械的特性から、電気・電子用グレードや自動車部品、LED光源の反射板などあらゆる用途に採用されている。

また、熱可塑性エラストマーは、広い温度範囲でゴムのような弾性を示すもので、耐熱性、耐候性、耐薬品性に優れ、高い電気絶縁性を持つ。配合を変えることで、自動車部品、電器部品、日用品や医療器具など幅広い用途がある。

今後の展開
この事業では、競争力のあるPTTグローバルケミカル社の原料、及びユーティリティの供給が大きなポイント。それに、住友商事のマーケティングチャネルを融合し、同社が有する製品の製造技術、販売マーケティングノウハウを組み合わせ、ブタジエンやイソブチレン誘導品事業のグローバルでの拡大に向けて検討が進められている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

クラレ ニュースリリース
http://www.kuraray.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る