クイックサンドとは

更新119

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. クイックサンド

クイックサンド

クイックサンドとは流砂現象の一種で、地盤内部の砂質部分が地下水の湧き上がりによって水と混ざり合い、泥水のようになる現象。もしくは、その泥水のようになった土砂そのものを指す。
また、泥水が地面から噴き出す現象のことをボイリング噴砂)ともいう。

クイックサンドが起こると、地盤は支持力を失うため非常に不安定になる。クイックサンドを起こした地盤の上に構造物が建っていた場合は、構造物の重みによってその地盤は不同沈下を起こしたり、構造物の基礎部分が傾いたりしてしまうため注意が必要である。
クイックサンドを防ぐには、「地下水位を考えず無闇に掘削しない」「掘削する際には、地下水がやわらかい地盤部分に移動することを防ぐよう工夫する」といった対策が考えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる