配向性ストランドボードとは

更新120

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 配向性ストランドボード

配向性ストランドボード

配向性ストランドボードとは木質の建材の一種で、薄く削った大量の木片を乾燥させた後、合成樹脂接着剤を加え、高温・高圧でプレスして作る。作り方は同種の木質の建材であるパーティクルボードと同じだが、配向性ストランドボードをつくる木片の方が面積が大きく、かつ薄い。

配向性ストランドボード構造用パネル、もしくはOSB(Oriented Strand Board)ともいわれる。

配向性ストランドボードの特徴
・木片にしてから加工するため、比較的どんな木材でも材料に用いることができる。たとえば細い木材や、まっすぐ育ちにくい木も利用できる。
・合板と比較して価格が低い。

配向性ストランドボードの用途
・屋根や壁、床の下地
・トラックのボディー
・家具
ツーバイフォー工法(材料と材料を釘で留めて建物を校正する工法)で建てる住宅の構造用合板の代用品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる